FRANCK MULLER 25th Anniversary Party - 時と時空をかたち創る 奇跡の時計師 -

画像
画像

2017年5月17日(水)、東京・赤坂の「赤坂プリンス クラシックハウス」にてフランク ミュラー創立25周年を祝うパーティが開催されました。1992年、希代の天才時計師フランク ミュラーと共同経営者であるヴァルタン シルマケスがブランド“フランク ミュラー”を起こし、今日、スイス高級機械式時計を代表するブランドとして世界中にその名が知れ渡る“フランク ミュラー”。25年という短期間での成長、さらにはフランク ミュラーという時計師が実在する人物であることを知る人は、多くはありません。この一夜限りのパーティでは、250名近くのプレス関係者、取引先関係者が来訪し、奇跡的ともいえるブランドの飛躍とさらなる25年に向けたフランク ミュラーの真髄をお披露目する、またとない機会となりました。

会場となった「赤坂プリンス クラシックハウス」は、東京都有形文化財・赤坂プリンス旧館をリノベーションした由緒正しき場所。尖塔アーチが特徴的なチューダー様式で建てられた洋館は、宮内庁御用達の職人の手により丁寧に創り出されています。ベージュと濃褐色の木材とのコントラスト、館内に施された装飾の数々は、スイス・ジャントゥにあるフランク ミュラーのシャトーをどこか思わせる、落ち着きと優美な雰囲気を醸し出す特別な空間です。

more
画像
画像

美しい館のメイン会場にて行われたプレゼンテーションは、フランク ミュラー本人と25年来の友人でありビジネスパートナーでもあるワールド通商株式会社代表取締役 河合寿也の挨拶で幕を開けました。ブランド創立と同年の5月17日に世界初の単独ブティックを東京にオープンする頃出会った両者は、モノづくりへの想いを共有するなかで意気投合しビジネスを始めます。フランク ミュラーが生み出した作品を受け取り、作品に込められた思いと共に日本の時計愛好家の手へと渡してきました。河合に招かれる形でフランク ミュラー本人が登壇し、会場は大いに盛り上がります。日本のゲストに向けて彼自身が告げたのは、フランク ミュラーの時計を初めとするクリエイションを愛し、25年の時を歩んできた日本に対する感謝の言葉。ゲストひとりひとりを仲間であり友人として語りかける彼の目にはうっすらと涙が浮かんでいました。

画像
画像

館の2階にあるエキシビションスペースでは、計10部屋からなる25周年の歩みを伝える展示がゲストを迎えました。フランク ミュラーの名作コレクションと名高い「トノウ カーベックス」から始まり、ゲストを独創的な美の世界に引き込みます。時計というある種無機質な存在に、優美なデザインと独自の物語を込めたフランク ミュラーの想いは、その後の「カサブランカ」「ロングアイランド」へと続いていきます。さらにゲストを迎えるのは、時計に宿る時の哲学を華やかなジュエリーに宿した「フランク ミュラー ジュエリー」。時計の文字盤にも使用されるアイコニックなビザン数字が使われたジュエリーの煌めきは、見るものを至福の時間に誘っていました。

画像
画像

「時の哲学」部屋では、天才時計師フランク ミュラーを語る上で必要不可欠な“人と時をめぐる思想”が、これまで創作されてきたトゥールビヨンをはじめとする世界初の超複雑腕時計や新案特許を持つタイムピースにより語られます。1986年に製作された世界初の偉業「フリーオシレーション トゥールビヨン、ジャンピングアワー機能付き、レギュレーター タイプ文字盤」、理論的には1000年調整不要の永久カレンダー、グランドソヌリ、プチソヌリ、ミニッツリピーター機構、均時差表示機構など36機能を搭載したスーパーコンプリケーション「エテルニタス」、文字盤上でばらばらに配置された数字が、時間は1から12まで順番に進むという固定概念からの解放を伝える「クレイジー アワーズ」。人と時間の関係を考察し、それを独自の美意識とウィットにとんだ形で表現した逸品の数々が、フランク ミュラーが唯一無二と言われる所以なのです。

画像
画像

節目を迎えたフランク ミュラーのさらなる革新を描くのは、WPHH2017新作と25周年特別モデル、そして最新コレクション「VANGUARD」の展示ルームです。WPHH2017の1月にスイス本国にて発表された最新のコレクションが、国内で初お披露目されました。その中でも25周年特別モデルとして登場したのは、フランク ミュラーの代名詞である「トノウ カーベックス」の記念モデル。1992年のブランド創立時に同じデザインで発表されたオリジナルモデルの復刻「2851モデル」と、優雅なフォルムを描くケースにセラミック素材でビザン数字を描く遊び心あふれる「トノウ カーベックス 25周年アニバーサリー」が登場し注目を集めました。「VANGUARD」部屋では、登場からわずか3年の間に広がる幅広いモデルラインナップを集め、未来を先取りする新世代のトノウ型ウォッチの魅力が存分に語られました。

画像
画像

さらに、邸宅のような寛いだ雰囲気を持つ2つの小部屋で、時計の枠を超え日常生活の豊かな時間を演出する「フランク ミュラー フューチャー フォーム」のダイニングテーブルやテーブルウェアがゲストを迎え、広がりゆくフランク ミュラーのクリエイションの世界を伝えました。

若くして世界的ブランドへと成長したフランク ミュラーの、核となるすべての名声の基盤には、目を見張るほど数多くのレガシーがあります。IT分野が台頭する現代にアナログで、しかも高級な機械仕掛けは、疾風のごとく人々を魅了してきました。その影響力こそ、単に技量を追及するのではなく、“時”というテーマを投げかけ、時計という形をした無形価値が宿る作品を次々と繰り出したことでした。フランク ミュラー創立25周年パーティは、四半世紀というブランドにとって大切な年月を共有する機会であるとともに、人と時の関係を考えさせる作品の数々を感じる中で、訪れた人々にとっての“大切な時”を見つめて欲しいという思いの詰まったイベントです。

紙に絵を描くのと同じように、時計に“時”を描き、そして、いくつもの違うテーマの時間を作り出す。結果、フランクミュラーの腕時計は、高級機械式腕時計の存在定義に変革をもたらし、時間や技量の対価を超越した作家活動は、これから先もブランドの成長に変革をもたらしていきます。

画像